■  ■  ■ 雑  記 ■  ■  ■

<<前のページ | 次のページ>>
2017年7月18日(火)
熱中症か

ご近所さんが、桔梗を小脇に抱えてきてくれました。
背負っていたリュックから、サニーレタスときゅうりと春菊を
ワシャワシャと掴み出して、「さっき採ったから」と一言。
その量のすごいこと、すごいこと。 出るわ、出るわ。
おばあちゃんのリュック、4次元ポケット級。

桔梗も一抱えしなくてはいけないほどのたっぷりの量。
田舎ならではかもしれませんが
とにかく豪華なプレゼント。
おかげで、ここ数日、店内は少し涼しげな雰囲気になりました。

この3連休、少し混み合うかな・・・と
精いっぱいの仕込みを済ませ
暑さでバテぬようにと、意識してしっかりゴハンを食べ
体制を整えていたのですが
なんと、飼い猫がバテたようで、気の毒なほどグッタリ・・・。
モノ言わぬだけに、どうしようもなく
店を閉めてから、動物病院に滑り込む始末。
病院も滅多にない連休の目前、その前になんとかひとつ
手を打っておきたい一心です。

それにしても、我が家のパソコンと飼い猫は
頼りどころが連休になる!というタイミングで
グダグダになることが多く・・・
悪気はないし、狙ってもいないのでしょうが
調子を崩した対象を抱えて滑り込むのは
毎度ヒヤヒヤします。

2017年7月12日(水)
もやし

山形のさくらんぼもそろそろ終わりのようで
頂いた「紅秀峰」が我々の最後のさくらんぼとなりそうです。
さくらんぼのお仕事に携わった方々
だいぶお痩せになったような・・・。
ただただ、ご馳走になるばかりの我らは、見事に水っ腹です。

真夏日だー、猛暑日だーと、とにかく暑い日々
店内では、アイスコーヒーもあれこれお楽しみいただき
水出しコーヒーの器具を導入した甲斐があったと
こればかりは、暑さに感謝。

アイスコーヒーあれこれは、お知らせでも掲載しております → 

暑さに朦朧としつつ
冷たいものにばかり手を伸ばしてはダメだと思い
猛暑日のランチに、熱々のもやしラーメンを食べました。
これが、我ながらグッドチョイス!
ここ最近で一番美味しい食事だったかもしれません。
とろみのあるスープがますます熱く
多めのコショウが食欲をそそる
たっぷりもやしで、もたれない。
汁にとろみがあるうちに食べきろうと
軽く舌をやけどさせつつ、勢いよく、すする、すする・・・
五臓六腑が「これよ!これこれ!」と
喜んでいるのがよく分かる美味しさ。

暑い日の冷たいメニューはたまりませんが
温かいコーヒーもほっとします。

2017年7月6日(木)
煎ってもらえますか

日曜日、早朝から河川清掃が行われまして
ほぼ全世帯から草刈り機が出動しました。

隣組ごとに割り当てらえた区間の下草刈りが終わると
「どれ、ついでに・・・」と
自宅周りの下草刈りに取り掛かる人も多く
午前中いっぱい あちこちで草刈り機の音が響いておりました。

ロミさんも、「とりあえず、燃料が無くなるまで・・・」と
ちょっとのつもりで、店の周辺の草刈りを続けてくれたのですが
燃料がたっぷり入っていたのか
いつまでも終えるタイミングがやってこず。

「それじゃ、あの辺も・・・」 「ちょっと!ちょっと!この辺も!」と
調子にのって指示を出しつつ、ロミさんを右へ左へ動かしては
いよいよ燃料もなくなってきたな、と思っていたころ
植えて間もないコスモスの苗を スッパリ切り落とされました。

そんな日曜日だったか、もっと前だったか。
飲食でも、豆の購入でもないお客様が。
ご用件を伺うも、「煎ってもらえるんですか?」とのこと。

普段から、コーヒー豆を「挽いてもらえますか?」を
何故か 「焙煎してもらえますか?」と
言い間違える方は珍しくないので、このパターンかと思い
「コーヒー豆を粉でお求めですか?」と聞くも
「いや・・・、煎ってもらえるんでしょうかねぇ?」と。
目の前で焙煎して、煎りたてホヤホヤを販売する店もあるので
そのパターンかと思い
「もう、豆は焙煎してあるので
豆か粉かご希望に合わせて詰めるだけです」と伝えると
「いえ、ここで煎ってもらえるのかなと思って・・・」と
ひとまず コーヒー豆の購入ではないご様子。

ふと、過去の経験から、思い出しました!
絶対 このパターンだと自信満々で
「もしかして、生豆をお持ちで
ウチの焙煎機で焙煎ができるかどうかってことですかね?」
と、ようやく話の出口が見えてきたー!と思ったところ

「いえ。         ・・・・ 豆のようなものです」と
ためにためて予想外の返事。

なんじゃ!豆のようなものって!
「コーヒー豆ではないんですか?」
「豆のようなものです」
「コーヒー以外は焼けないと思うのですが・・・」
「あぁ、コーヒー以外はダメなんですね」
「コーヒーだとしても、当方が納得したものでなければ
焙煎機に入れられないのですし・・・」
「あぁ、分かりました」

新たな謎を残して、残念そうに退店されました。
豆のようなものって、何だったのか。
何故、そこは頑なに教えてくれなかったのか。

蒸し暑さの中、身も心もモヤっとしております。